会計知識チートシート

会計の知識が足りなかったので、知識のチートシートを載っけておきます。

 

 

財務諸表とは

財務諸表とは、「貸借対照表」「損益計算書」「キャッシュフロー計算書」の3つを指しており、「財務三表」といわれています。いずれも決算処理を行う際に作成する書類であり、企業の財務状況を表す重要な資料です。

貸借対照表

貸借対照表はバランスシート(B/S)とも呼ばれています。流動資産、固定資産、流動負債、固定負債、資本で構成されており、事業を行う上で、企業がどのように資金を動かしているか、集めているか、保有しているかを表しています。

損益計算書

損益計算書はプロフィットアンドロス(P/L)とも呼ばれています。売上と経費、利益で構成されており、企業が1年間で計上した売上と経費が集計され、利益(損益)がどのくらい出ているかを表しています。一般的にいわれる「赤字」「黒字」の判断ができるものです。

キャッシュフロー計算書

キャッシュフロー計算書は、CFと呼ばれることもあります。企業のお金の流れの実態を表しており、「営業、投資、財務のどの部分にお金が使われているのか」、「うまくお金が回転できているか」などを表します。

財務諸表はここを見る!財務諸表分析入門 | 経理プラス

損益計算書

損益計算書に並んでいる5つの利益のなかで一番大切なのは「経常利益」。

この数値は経常的な営業活動と財務活動を通じて、会社がどのくらい儲かっているのかを示しています。

損益計算書には5つの利益が並んでいます。

決算書.com:決算書の読み方・使い方・見方がわかる!

 

損益計算書の5つの利益

粗利、営業利益、経常利益、税引前当期純利益、当期純利益、5種類の利益の違い

5種類の利益の違い(粗利、営業利益、経常利益、税引前当期純利益、当期純利益) – 社会人の教科書

 

営業利益

営業利益とは、会社が本業で稼いだ利益を表します。
すなわち、売上高から、販売する商品を仕入れるためにかかった売上原価を差し引いたものが「売上総利益」となります。この売上総利益から「販売費及び一般管理費」を差し引くことで、営業利益がわかります。販売費及び一般管理費は、企業の本業に関わる費用の内、商品を販売するために仕入れた代金以外の費用を指します。具体的には、人件費、広告費、消耗品費などです。

経常利益

経常利益とは、会社が各決算期中に経常的な事業活動で得た儲けを示します。
本業の儲けである営業利益に受取利息などの「営業外収益」を加え、金融機関に支払う借入利息などの「営業外費用」を引いたものが経常利益です。そのため、本業で順調に営業利益を出していても、返済や利息の支払い負担が大きくなると、経常利益は小さくなります。
つまり、経常利益は、企業の全体の儲けから全体の経費、利息の支払いを差し引いたものになります。経常利益は、企業の経営成績を最も把握しやすい数字とされています。

純利益

純利益とは、経常利益に本業以外の臨時的あるいは例外的な「特別利益」や「特別損失」を足し引きし、さらに法人税や住民税を差し引いた残りの利益となります。つまり、企業がすべての支払いを済ませた結果として、最終的に会社に残ったお金が、純利益です。
また、純利益は、「税引後利益」や「最終利益」「当期純利益」などといわれることがあります。

 

損益分岐点とは

損益分岐点とは、簡単に言えば、損失となるか利益となるかの分かれ目となる営業量(たとえば売上高や販売数量など)を指します。

限界利益とは

限界利益は、営業利益と似た意味合いですが、固定費を控除しているかどうかの違いがあります。限界利益の場合は、変動費のみを控除しているため、営業利益を求める場合、固定費などの諸経費を控除する必要があります。

 

キャッシュフロー計算書

フリーキャッシュフロー

「営業」と「投資」の2つのキャッシュフローを合わせて「フリーキャッシュフロー」といいます。

基本はプラスであることが好ましいですが、単独での分析に留めず、その理由や財務活動とのバランスなど、全体との調和の中で考えるようにしましょう

営業活動によるキャッシュフロー 商品の販売やサービスの提供など、自社の事業を遂行することによる現預金の流れが該当します。事業がある程度しっかりと回っている場合、この部分はプラスになります。
投資活動によるキャッシュフロー 必要な設備投資などによる現預金の流れが該当します。事業を継続するためには適宜投資活動を実施する必要があるため、通常はマイナスになります。
財務活動によるキャッシュフロー 金融機関からの融資やその返済、増資や減資、株主に対する配当金支払いなどが該当します。この区分はその企業の状況により、プラスになったりマイナスになったりします。

 フリーキャッシュフローは、以下の算式により計算できます。

営業活動によるキャッシュフロー + 投資活動によるキャッシュフロー

フリーキャッシュフロー 見るべきは財務活動とのバランス | 経理プラス

 

法人税

図:法人税について 企業会計における当期利益の計算|課税所得と法人税額の計算

6 「法人税」を知ろう---もっと知りたい税のこと 平成30年6月 : 財務省

 

法人税は、法人の企業活動により得られる所得に対して課される税です。法人の所得金額は、益金の額から損金の額を引いた金額となっています。益金の額とは、商品・製品などの販売による売上収入や、土地・建物の売却収入などで、また、損金の額とは、売上原価や販売費、災害等による損失など費用や損失に当たるものです。(実際は、企業会計上の税引前当期利益を基礎に法人税法の規定に基づく所要の加算又は減算(税務調整)を行い、所得金額を算出します。)

法人税額は、そうして得られた所得金額に税率をかけて税額控除額を差し引くことで算出します。