魔法使いに向いてる

「毎日を少し良くする」ためのお手伝い

あなたの価値観を広げるアラブ、中東、イスラームのおすすめ映画3つ

 以前、「石油王にお近づきになりたい人のためのアラビア語概論」という記事を書きました。

lyrisist-lily.hatenablog.com

前回は「アラビア語はどういう言語か」ということをテーマにしたので、

今回は映画で学べる現代のアラブ情勢という感じで映画をご紹介したいと思います。

 

 また、物語の背景を理解するために前提知識として「中東戦争」っていつ、どこで、どうして起ったんだっけ?という質問には答えられる程度にしとくといいと思います。

「なんだそれ?」って方は以下の記事を読んで、軽く学習してから映画を観ることをお勧めします。

thepage.jp

 

 

パレスチナ問題に抵抗する若者の息遣い:自由と壁とヒップホップ

イスラエル領内のパレスチナ人地区から生まれた、若者のヒップホップを取り上げたドキュメンタリー。確かにゲットーに押し込められた黒人がヒップホップを生んだように、イスラエルの中で壁に囲まれたパレスチナ人にも抑圧されたものに打ち勝とうとする感情はあるのでしょう。

「その場所に生まれたから」というだけで殺されてしまう不条理の中で、ただ単に正気を保ち続けるのも大変だと思います。

ですが、この映画に出てくる若者たちはそんな中でも自分の言葉で歌い上げることによって自らを正気に保ち、言葉によって他者を勇気付けます。 

絶望的な状況をヒップホップのリズムに乗せ、歌うことは、これまで麻痺してきた感情や思考を再び呼びさます。(「あらすじ」より 下線筆者)

とてもアツくて、観るだけで生きる気力の湧く映画です。 

 

 

 

祈り」の向こうの「パラダイス」:パラダイス・ナウ

 

 

スラム少年の数奇な人生:スラムドック$ミリオネア

かつてない経済成長を迎えたインドで、何も取り柄のなさそうなスラム出身の青年がクイズ「ミリオネア」に挑み、次々に難問をクリアしていきます。

クイズが進むごとに、主人公の数奇な人生が紐解かれていく仕掛けです。スラム出身の主人公はイスラム教とヒンドゥー教との争いに巻き込まれ悲惨な経験をしているものの、そこで偶然得た知識でクイズに打ち勝っていくというストーリーです。

エンターテイメントの形をとりながらも、貧困、暴力、差別が根強いインド・ムンバイを描き、愛や友情といった普遍的テーマにも迫リます。

インドの景色を色濃く再現し、時にコミカルに、時に目を背けたくなるほど暴力的に描いている。映画だからこそ表現できるインドの「現在」が詰まった作品です。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

間違いなく、ここに挙げた作品を観たら「これまでの知っている世界」の幅が広がること間違いないと思います。

映画を鑑賞した後、いつもと同じ景色が少し違って見えるんじゃないでしょうか。

これまで知らなかった世界を知るきっかけになれば幸いです。