魔法使いに向いてる

「終わらない日常」 を超える処方箋

中津の高架下をめぐる冒険

明治大正の時代、日本人にとって鉄道はどのような存在だったのかを、柳田国男は次のように残している。

所謂、鉄の文化の宏大なる業績を、たゞ無差別に殺風景と評し去ることは、多数民衆の感覚を無視した話である。

例へば鉄道の如き平板でまた低調な、あらゆる地物を突き退けて進まうとして居るものでも。遠く之を望んで特殊な壮快が味はい得るのみならず、土地の人たちの無邪気なる者も、共々にこの平和の攪乱者、煤と騒音の放散者に対して、感歎の声を惜しまなかったのである。是が再び見慣れてしまふと、又どういふ気持に変るかは期し難いが、兎に角にこの島国では処々の大川を除くの外、こういふ見霞むやうな一線の光を以て、果も無く人の想像を導いて行くものは無かつたのである。

筑摩書房『定本柳田国男集』第24巻,1963,pp214

くろぐろと騒音をまき散らしつつ、走り去る汽車。

当時の人たちはちょっとわくわくしながら見ていたのだろう。

 

よくわからない「新しいなにか」が 、世の中を切り開いてくれるという希望…

そういったものを信じられることは、多分いいことだと思う。

 

でもどういう訳か、私自身はあんまりそういった類のものを持てていない気がする。

…いや、最近の暑さにただ、やられただけなのかもしれない……

できればそうであってほしい。

 

少し前に中津に行った。

大阪の中津という場所はなんとも言えず素敵な所だ。

 

ちょっとした関西の交通のハブ、梅田(≒大阪駅)から電車で一駅の所。

都心でも郊外でもない感じの、不思議な雰囲気がある。

 

最近は地下鉄の駅のまわりに小洒落たカレー屋さんとかギャラリーができたらしいのだけれど、阪急(私鉄)の駅周辺はまだまだアングラ感が残っている。

 

大阪の中心地に向かう幹線道路の、薄暗い高架下なんてなかなか素敵だ。

この前はふと思い立って、おそらく高度成長期に造られたインフラを裏側から見て、なんとなく暗い気持ちになってきた。

 

 

…振り返ってみると、なんで好き好んでわざわざあんな暗い気持ちになってきたのか…よくわからない。

でも、なんだかそういうお年頃らしい。

 

これ午前中なのに、なんでこんなに夜みたいなんだろう。

 

この高架裏、めっちゃ好き。

ちょっとしたアーチが心地いい。でっかいボルトとか、申し分程度に配線されてるケーブルとか、何を映すのかよくわからないカーブミラーとか、めっちゃくちゃいい。

 

たぶんこれを上がると高架上に出て、幹線道路沿いに行ける。

おそらく幹線道路を行き来する自動車の排気ガスで、コンクリートが黒くなっている。

雨だれの跡もかっこいい。

 

なんだか廃墟みたいだな、と思う。

好きだよ廃墟…。

 

 

はい、以上です。

写真は撮らなかったけれど、高架下にはドライアイス屋さんが一件ありました。

そこを通りがかったときは作業服のおじいさんが出荷の作業をされていました。

 

おじいさんの顔はよく陽に焼けていて、分厚い手袋をはめてたな。

ブロックに切り分けられたドライアイスを慣れた手つきで台車にうつしていて、

おじいさんの前を通ると、ひんやりして気持ち良かった。

 

高架下建築

高架下建築

 

おしまい。

あ、部屋の中でもちゃんと水分補給はしましょうね。

大塚製薬 ポカリスエット 900ml×12本

大塚製薬 ポカリスエット 900ml×12本

 

 それではまた。