魔法使いに向いてる

「終わらない日常」 を超える処方箋

今日の白魔法:カモミールティー

f:id:lyrisist-lily:20170613203348j:plain

夜更けにはカモミールティーを飲むようにしている。

私は夜の0:00まで仕事や勉強をするから、
そこから気持ちを切り替えてリラックスモードにするのが結構大切だ。

それで何がリラックスにいいか、と考えてみた。
入浴、ストレッチ、アロマあたりはどうだろう?

でもなかなか全部一気には日常に取り入れられないから今週中はアロマを攻めてみようと思う。

第1弾はカモミールティー。
カモミールは甘い香りがして、春に小さな花を咲かせる。
おばあちゃんの家にたくさん生えていて、春になったら庭先でよく花を摘んだ。

乾燥させたハーブティーも、甘やかな香りがして気分が落ち着く。

勉強中にカモミールティーを飲んでみて「こういうことが大事なんだ」となんとなく思った。

最近、自分に対してあまり寛容でなかった気がする。
自分に求めるハードルが高くなってしまって、すごく息苦しくなっていた…少なくとも、自分でお茶をいれて楽しむ余裕はなかった。

ケーキはただの糖分補給。飲み物はその副産物だった。

でも自分でいれるハーブティーは、完全に自分の時間を楽しむためのものだった。

自分を大切にできている、という実感は
案外、1杯のお茶でも得られるようだ。