魔法使いに向いてる

「終わらない日常」 を超える処方箋

起業のデメリットが多すぎる件

こんばんは。

お元気ですか。私は元気です。

 

 私は以前、取引先の関係で法人口座が必要になり、起業しようか迷っていました。

 

で、「起業するのに必要なこと」はこのエントリーを書いてわかったんですが、

それでも税金とか社会保険料といった、「起業のあとに必要なこと」がよくわからなかったんですよね。

そこで税理士さん(^ω^)にメールで相談してみました。

今回は税理士さんからのメールの一部を抜粋させていただきました。

 

「収益は少ないけど、法人口座が欲しいにゃん…(´・ω・`)」という方は

ぜひご参考に。

 

 

f:id:lyrisist-lily:20170527231155p:plain

収益が少ない段階で法人格を取得するデメリット

(´・ω・`) 設立費用が安い合同会社をやろうと思うんだけど

(^ω^)たしかに合同会社は印紙+司法書士さんの報酬合計15万で設立できますね

 

(´・ω・`) でも収益が低い段階で立ち上げるのってなんか怖い

(^ω^)デメリットとしては、税理士さんへの報酬の発生と税金の発生ですね。

法人格を取得しますと、法人格の決算を迎えた際に、法人の申告書、決算書、決算内訳書を作成する必要があり、

税理士さんに頼まざるを得ないので、税理士さんへの決算対応料で安くても10万円くらいはかかります。

 

(´・ω・`) 決算費用だけでそんなかかるんだ

(^ω^)毎月の記帳も頼むと毎月1万円~2万円かかったり…。。

また、何も法人として活動していなくても年間7万円の税金が発生してしまいます。

 

(´・ω・`) ・・・。

(^ω^)個人事業主の方であれば、税務署の確定申告の時期に税務署が設けている確定申告作成コーナーや、申告のお手伝いをして下さる青色申告会という所で無料で対応して頂けて、赤字であれば税金は0円ですよ…。

 

(´・ω・`) 起業するのより、決算が大変そうね。一年でぽしゃる会社が多いのも頷ける

(´・ω・`) フリーランスはてなブロガー、

ドヤ顔しがちだけどそもそも起業してないからなのか


法律上、報酬に下限はあるのか

(´・ω・`) あんまりお給料あげれないから

成果報酬制型の報酬形態を想定してるんだけど、報酬に下限ってある?

 

(^ω^)報酬に下限はございません。無報酬でも構いません。

 

(´・ω・`) ワシ、ブラック起業設立しそうやな

 

(^ω^)設立したばかりの法人様は代表の報酬はとりあえず無報酬で活動されている方もいらっしゃいますし、親や配偶者の扶養の範囲内での勤務という形で役員報酬を取られる方がいらっしゃいます。

税金の法律上、役員様の報酬は一度決めたら一年間同じ金額を支払って頂かないと、

経費として認められないという取り決めがございます(難しい言葉で、「定期同額給与」と言われています。)

 

(´・ω・`)自分が代表になって、役員報酬を貰う手もあるのかぁ。

でもワシ、「来年から一般企業でフルタイムで働いて平日夜と土日で活動」って感じだから扶養枠じゃないしなぁ…定年後の母を雇うのはアリかな…?地雷っぽいけど 

 


副業として合同会社を設立し、従業員が代表社員のみの場合

社会保険料はどうなるのか?

(´・ω・`)ワシが普通に会社で働きながら副業で代表社員をやると、社会保険料を二重に支払うことにならない?

 

(^ω^)役員報酬が無報酬であれば、そもそも社会保険料は発生しませんので何も対応しなくても良いです。

役員報酬で報酬を一定額毎月頂くのであれば、社会保険料として会社が預かって頂く金額が出ますので、

会社の本店住所の最寄りの年金事務所にて社会保険の制度の導入をする旨を伝えて加入して頂く必要がございます。

 

(´・ω・`)やっぱりやるなら役員報酬なし、成果報酬制がいいかなぁ

(^ω^)仮に月に8万円貰う事にした場合には、報酬月額が73,000円~83,000円の範囲に入りますので、

社会保険料の標準報酬月額が3等級の月額78,000円となります。

健康保険料として個人で3,951円負担して、会社が3,950円負担します。

厚生年金保険料として個人で8,000円負担して、会社が8,000円負担します。

お給料を支払う時は、8万円-3,951円-8,000円=68,049円が手取の金額となります。

 

(´・ω・`) うー、出た、「手取り」…!

(^ω^)社会保険に加入すれば、国民健康保険料と国民年金保険料の支払は不要となりますので、保険料のメリットを感じられる方は法人格をわざわざ作って、社会保険に加入して、家族を全員自分の社会保険の中に取り込んで…という方も中には見受けられます。

 

(´・ω・`) そのへんはまた試算いりそうですなぁ、社会保険はよくわからんこと多い。

 

(^ω^)国民健康保険料は「同居している家族の代表の方に対して支払って下さい」とくる保険料で、社会保険に入っていない方の年収やぶら下がる人数で月額8万円や9万円となる方もいらっしゃいます。

保険料のメリットを感じられる方も中にはいらっしゃる状況でございます。

 

 (´・ω・`) んー、今のところ世帯主は自分じゃないしなぁ。それに結婚しても私も恋人も仕事辞めないだろうし、「社会保険に入っていない」「ぶら下がり」というのはなさそう。

 

 (´・ω・`) せんきゅう。

(^ω^) いえいえ、またお困りの際はいつでも!

 

 (´・ω・`)  天使かよ

 

まとめ

起業の最大のデメリットは「決算費用」と「法人税」。

本業がフルタイムで、副業として会社の代表をやる場合は社会保険料のメリットがなさそう。

 

収益が10万円以下の場合、うかつに起業すると、1年目の決算でぽしゃる。

でも税理士さん的には設立費用で儲けは確定するし、

ぽしゃらなかった場合は決算表の作成で仕事は来るしで

「起業しましょうよ!」と勧めてくることがあるので要注意。

私は会ったことないけど。

 

そんなこんなで、起業はしないことにした。

でも法人口座はいるので、社団法人の設立方法について、6月には調べておきたい。

それではまた。