読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魔法使いに向いてる

円熟と技術と才能に溢れたブログです。

イベントの企画はしんどいけど鍛錬すればなんとかなる

f:id:lyrisist-lily:20170223073813j:plain

どうもユミヨシです。

このブログの読者、「どこか遠くで見守ってくれる系」の方が多いのでアレなのですが、私が主催するイベントの告知をしておこうと思います。

もうちょっと頭よさげなエントリー書いておけばよかったぜ!!

 

イベント運営ってめっちゃ大変ですよね

これまでにも200人規模のイベント運営(企画・設営・広報)は一度やったことがあるのですが、それはそれは大変でした。

 

lyrisist-lily.hatenablog.com

忙しさのあまり、わがまま言ってくるキラキラ女子大生にブチ切れたのが上の記事。どうやら私は書くことで対象と距離を置き、冷静さを保てるようです。

 

それでも誰かと一緒に働くうえで、どうしたらより快適にいられるかを考える良い機会になったと思います。こういうのをアッピールしたら内定もゲットできましたし、もしこの記事読んでるのが大学生だったら、200人規模のイベント運営はやっておくといいですよ。

 

職場の問題地図 ~「で、どこから変える?」残業だらけ・休めない働き方

職場の問題地図 ~「で、どこから変える?」残業だらけ・休めない働き方

 

イベント運営で死ぬほど苦しんでいる時に出会ったのが、 『職場の問題地図』。ものすごい勢いで読破し、ものすごい勢いで応用しました。

サークル運営でもなんでも、人が二人以上集まったら問題は出てくるんですよね。そして、何か大きいことをしようと思ったら一人じゃ何もできない、というのもおわかりでしょう。

「どうしたら自分の言いたい事が伝わるんだろう?」

「どうしたらもっと早くレスポンスが来るんだろう?」

この本は、私が抱えている課題に対して、必要な見取り図を提示してくれる良書でした。

 

今後はイベントのフローを明確にしたい

来年から私は社会人として世間の荒波でサーフィンする予定なので、今やっているイベント運営もビジネスの世界で通用する質のものに仕上げたいと思っています。

このエントリーで紹介したのは「万博誘致の視点から未来を捉え、今の行動に反映させる」という趣旨のワークショップがメインです。

阪大の講師の方にゲストスピーカーとなっていただき、データの読み方も学んでいきます。

www.cscd.osaka-u.ac.jp

協働者がとても優秀な方ということもあり、このイベントの運営は比較的スムーズに進んでいます。

(というか私に仕事持ちかけてくる人、大抵優秀でビジョンに沿って生きてるんですよね。楽しい。)

このブログではイベント告知そのものというよりも、その裏方仕事がどんなものか?という内容を紹介していけたらな~と思います。

具体的にはイベント運営に関するフローチャートや当日のタイムテーブルを公開し、「イベントの質」がどのように担保されているのかを伝えていきます。

 

ビジョンやプロセス共有なしに「働き方」は変わらない

ここのところ「働き方改革」という言葉が流布していますが、やっぱり仕事量を減らさずに残業を減らすためには相当な意思が必要です。

要するに

「自分がこの人生で何を成し遂げたいのか」を言い切れるか?という問題なんです。

ぶっちゃけビジョンに沿って働くのって相当しんどいですよ。起業家の彼らは楽しそうにしてますが、基本的に彼らは肝臓が強いだけです。

(といっても、私は土日に副業する気満々ですがw)

 

副業とかボランティアとか、やるのは結構なんですが

・ビジョン、最終目標は何か?金額なのか人数なのか、メディアに取り上げられるとか

・コンテンツを体系化できているか

・作業工程と締め切りをフローで説明できるか

・アドバイスを貰える人は3人以上いるか

 

あたりを押さえてないと間違いなく死にますよw

そのあたりもアドバイスできるようになれたらいいのですが、まぁこの数年は自分のことを中心にやっていきます。

自分の実践を言語化し、このブログで発信していけたらなぁと。

 

そんなところで、ごきげんよう