魔法使いに向いてる

「終わらない日常」 を超える処方箋

好きな人にファンレターを送った

おはようございます。

最近は一日の締めくくり方を忘れていてしまって、夜中にすごくつらくなります。ソラナックスを飲まなければ脳内が「無理無理無理」ってなるし、飲んだら飲んだで精神が落ち着きすぎて、時間が無限に流れていってしまう。


好きな人にファンレターを送った

そんな私なので、やはり将来働くことに対しても凄く不安でした。

そして大学のカリキュラムがあまりにもよろしくない。

私は浪人生の頃、研究者としてやっていくぞーと思って勉強していましたが入学後は自分がやりたい分野のことはできず、なぜか週に5コマもアラビア語の勉強をしていました。あれは本当に意味がわからない。

そんなこともあり、まぁ純粋に学術に対する意識が低下していました。

そんな時にネットサーフィンをしていて出会ったのがはてなブログあり、「名もなきライターのブログ」でした。

(今は「かずinc.」と名称が変わっています)

私が見始めた頃、「名もなきライターのブログ」はクラウドワークスとランサーズを使って毎日物凄い勢いで稼いでいるブログでした。(今は個別に受注しているようです)

「名もなきライターのブログ」の筆者の「なもさん」(通称)は統合失調症という、私よりもずっとしんどいものを抱えていらっしゃいます。

しかしブログで前のめりでライティングの仕事をしまくっている姿を見て「ああ私もなんだか生き延びれそう」という気持ちになりました。

 

学生でも成果報酬型の仕事をするといい

私自身、今でもクラウドワークスやランサーズを使ってお小遣い稼ぎをしています。

なもさんが書いているテクニックを使って、酵素ドリンクの体験談を書いたり脱毛サロンに行ったりSNSを運営したりしていました。今も旅ライターとしてWEBメディアで執筆をしています。

私はクラウドワークスやランサーズをやっていて、本当によかったと思っています。

成果報酬型の仕事は労働の本当の対価が見えやすい

例えば飲食店のホール働いて居たら、自分の給料ってお客さんからもらうお金の何分の一かじゃないですか。原料はもちろん、設備代や土地代なんかも引かれるわけで。

出来上がった料理を持っていくことの対価って、なんだか掴みにくいんですよ。

自分が何かを作ったわけでもなくて、ただ持っていくだけ。ニコニコしながら持っていってもぶっきらぼうに持っていっても給料は変わりませんしね。

日本はチップ制じゃありませんから。

その点、アウトソーシングのような成果報酬型のお仕事だと、自分の仕事の価値がそのまま報酬に反映される。

それこそ、誰にでも作れる記事であれば1文字0.2円のものもあります。

しかしテクニカルのものなら1文字5円くらいのものもあったり、体験談を書く場合は画像も提供できるかも料金決定の要因でく。

掲載媒体の大きさで値段も変わってくる感覚もわかってきて、ちょっとだけ世の中の仕組みが見えやすくなるような気がするんですよね。

ビジネス感覚を身に着けよう

私が就職活動をしていて、自分が優秀とされていることに驚きました。

私、挨拶もロクにできませんしスケジュール管理だってよくミスりますよ?

ですが、「自分で仕事を取りに行く」「売れるように商品をPRする」ということはたくさん実践していたからか、なんだか就活ではちやほやされました。


面接官と学生のやり取りなんて「自社に貢献できる人材ですよ~」ってあらゆる角度で言えばいいだけですし、そのために希少性のあるものだったり付加価値の高い功績を「学生時代に頑張ったこと」として残しておけばいい訳で。

あ、留学とかは効果測定が難しいので、目標が明確に設定されているタイプの長期インターンとかがアピールしやすいです。下記に少し詳しく書いておきました。

 

lyrisist-lily.hatenablog.com

あ、ちなみに「なもさん」は「ちきりんさん」をリスペクトされているようですが、

私はちきりん苦手です…

だって彼女、「自分のアタマで考えよう」って言っておいてフレームワークを提示するだけじゃないですか…フレームワークを使うってのは便利なんですけど、そこから抜け落ちるものがあまりにも多すぎるように思います。


送る気持ち

まぁそんな訳で「名もなきライター」さんのブログにはとてもお世話になっています。

一方的に楽しませてもらっているのも悪いので、何か恩返ししようと欲しい物リスト」からプレゼントを贈らせていただきました。

https://twitter.com/ymysh2222/status/860935254797725696

いい感じのシャンプーをお送りしました。喜んでいただけたようで、よかったです。

とにかく私は「名もなきライター」さんのお陰で自信がついたし、心から感謝している、ということをここに書いておきたいと思います。