読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魔法使いに向いてる

円熟と技術と才能に溢れたブログです。

サークルの士気が低い時に注意する3つのポイント

意識高め

「めっちゃわかる」ツイートについて書きたいと思う。

私も誰かとご飯を食べるとか、コーヒーを飲むときは自分が聞きたい技術や相談事、今後の方針について話をします。

(だから無為な飲み会は本当に嫌い…とか言うと「はてなっぽい」のかな?)

 

んで、今日はマジでリスペクトしている(頭わるそうな文字列だ)先輩とランチに行って、後輩の指導に関するtipsをさりげなく聞いてみました。

後輩の士気が低くてサークル運営にうまくいっていない人は参考にしてください(´・ω・`)

 

 

ミスは起こる前提に立つ。ミスが発生した時の対応をいかに迅速にできるかが勝負

「基本的に相手はブタだし、自分もブタ」というスタンスに立つということ。

残念ですが、誰でも馬鹿げたミスをするものです。私もこの前2017年と書くべき所を2016年って書いて書類を提出してしまい、怒られました。

その時はもう…「ブタやないか!!!!」って自分で自分を罵りましたよ…

まぁでも、ミスは得てして起こりうるものなので、ミスに気付いた時点でいかに素早く対応できるかが問題です。

スライディング土下座とまではいかなくとも、即レスは基本ですよね。

私も遅くともメールやLINEをもらった当日にはレスをするようにしています。「あとで調べて返信しよう」なんて考えていると忘れてしまうので、完全な返答ができなくても、その時点でわかることを書いて送ります。

電子メール, メッセージ, 封筒, 情報, 携帯電話, スマート フォン, ビジネス, 通信, デザイン

逆に相手にメールを送る時は「必ず○○日までに返信ください」と書くようにしています。

具体的にホメる

今はイベント運営の準備を後輩に割り振って、それぞれ役割を持って活動してもらっています。やっぱり分担することで責任感も出てきますし、まぁ何より一人当たりの仕事量が減るので楽なんですね。

で、指示をしていると、やはり得意・不得意というのは見えてくるんですよ。

メールの文面が丁寧だけど、レスが遅い子。

逆にちょっと雑なメールを送りがちだけど、レスが速い子…

 

それぞれに個性があるので、適性をきちんと把握して仕事を割り振ります。適性がわからない場合はいくつか仕事を提示して、好きな奴を選んでもらいます。

まぁ大学生にでもなれば自分の得意・不得意は或る程度わかってきますし、仮に不得意なことでも「これを克服したい!」って感じの子が手を挙げてくれたら歓迎します。

で、何か作業が完了した、という報告を受けたら「ありがとう」と言うのではなくて、その子の特性に沿って、具体的にホメます。

さっきの例だったら

「すごく丁寧でしっかりした文面だった!ありがとう!」

「素早い対応で助かった!またお願いするね!」

といった感じ。

相手の作業をきちんと確認する癖にも繋がりますし、これは指示する側にもメリットがあるかなぁ、と思います。

 

たまには悪役になる

はい、ホメとは真逆ですね。これが一番実践できてないです。

今日話をうかがった、悪役っぽい先輩ならではのtipsだと思いました(笑)

「死神の鎌を持った眼鏡魔女(ハロウィンコスプレ)死神の鎌を持った眼鏡魔女(ハロウィンコスプレ)」[モデル:茜さや]のフリー写真素材

私は普段誤った行動を指摘することはあっても、怒ったことはありませんでした。でも、何か心に刺さる物がないと…人って改善しないんですよね。

たまには「自覚が足りんぞ!!!!」みたいな精神論を吐き捨てる悪役おじさんになる必要があるのかもしれません(´・ω・`)

あ、念のため書いておきますが、もちろんどうしたらいいかは具体的に指示しますし、相手にできない理由があればきちんと聞きます。相手の心を折ることが目的ではないので、これは当然です。

あと、この荒治療には怒った後のフォローがミソらしいです。

具体的には差し入れをするとかご飯に連れてくとか。

なかなかの高等テクニック。でも目指すのはここですね。

うーん。

かわいい後輩にきちんと働いてもらって、私も気持ちよくご飯を奢りたいものです(´・ω・`)

そもそも、どうしてサークルはぐだぐだなのか?

はい、私が好きな「そもそも」論です。

一つ言える理由は、大学生は仕事をしていないからです。

仕事をしていたら、即レスとかホウレンソウとか…相手の手間を減らすように気を遣うのってすごく当たり前な行為だと思うんですよ。

だけどまぁ…自分自身を振り返ってみた場合、これが本当にでき始めたのって3年生で半年間インターンやってからなんですよね。

だから後輩ができなくても致し方ないかな?とは思います。

だけどそれで無罪放免、という訳ではなくて…やっぱり駄目なところは直してほしいし、仕事ができる人が少しでも増えてほしいんですよね。shinさんじゃないですけど……

ダメ人間から脱出するための3つのポイントをマジで考えてみた - Outward Matrix

 

仕事の経験ってすごく有益だと思っているので、私は後輩に三か月以上の長期インターンに参加することを勧めています。

まぁインターンのお話しは、またおいおいしましょう。

 

以上、サークルの士気が低い時に気を付けるポイントでした!