読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魔法使いに向いてる

円熟と技術と才能に溢れたブログです。

移民をめぐるオランダ選挙戦が日本にとって「遠い国の話」じゃない件

社会

今日、3月15日にオランダの大統領選挙が実施されます。反移民を掲げる極右政党「自由党」が第一党に躍り出る可能性があり、その動向に注目されています。

本エントリーでは「なぜオランダに極右政党が誕生したか」を解説し、ヨーロッパ情勢におけるオランダ大統領選挙の位置づけを明らかにしたいと思います。

オランダ大統領選挙の概要

現在、オランダでは28の政党が300万の票を争っています。小さな政党がそれぞれ連携することで政権を獲得しようとしているんですね。しかしながら、現在勢力を伸ばしているウィルダ―ス党首(極右・自由党)はこの伝統を壊しつつあります。

というのも、この極右の自由党は反EU、反イスラムで政治的に孤立しているからなんです。現在の首相は中道右派の与党・自由民主党出身です。

自由党自由民主党の支持率はほぼ同率のため、議席数が最多でも政権は取得できないのが現状。

イギリスのEU離脱、アメリカのトランプ政権成立の流れを受け、ポピュリズムがヨーロッパで浸透するかどうかの試金石となるでしょう。

オランダの後にはフランス、ドイツの選挙が控えているため、今後のヨーロッパの選挙への影響が注目されています。

www.bbc.com

オランダがトルコ閣僚らの入国を拒否!その背景は?

2017年1月の時点でオランダ首相が反移民ムードに乗っかっているようです。

オランダのマルク・ルッテ首相が、国の価値観を否定するなら「出ていけ」と主張する意見広告が23日付で、同国の新聞各紙に掲載された。広告は、台頭する反移民政党に対抗するためだとみられている。

「いやなら出ていけ」 オランダ首相が意見広告 反移民ムード背景か - BBCニュース

同記事ではこの現首相のルッテ氏(中道右派の与党・自由民主党)が反移民の方針を打ち出した理由として

「バス運転手の職に応募した移民男性が女性と握手を拒んだために就職できなかった」という事例を取り上げています。大手バス会社は国内の人権機関に批判されましたが、首相はバス会社を擁護。次のような発言をしています。

「実に奇妙な批判だ」と首相は述べ、「会社がもちろん正しい。『私の宗教信条にそぐわないので女性と握手できない』と運転手が言うなど、認められないはずだ」と述べた。

「私を含めて大勢が反発しているのは、まさにこのようなことだ。なぜならここでは、お互い握手をするというのが社会の規範だからだ

(同上)

 これ、けっこう難しい問題ですよね。

日本は外国と比べて特定の宗教が根付いている訳ではないので、なぜ男性が女性との握手を拒否したのかを想像しにくいと思います。

なのでちょっと例で考えてみましょう。

例えば「圧倒的ご飯派のおじいちゃん」を想像してみてください。あなたの身の回りにこういう人、いませんか?信条とまではいかずとも、ポリシーを持ってる人…良く言えば「こだわりを持っている」なんですが。

そんなおじいちゃんが、義理の娘夫婦(パン食)のお世話になることに。

夕ご飯のホワイトシチューはもちろんパンと一緒に出てきます。

クリームシチューのイラストフランスパンのイラスト

「ワシは60年間、シチューは必ずごはんで食べてきた。今更パンと合わせることなど、できやしない…」

息切れをしているお爺さんのイラスト

こんな感じで、おじいさんは夕飯のパンを残してしまいます。

これと似たような感じで、バスの運転手さんが女性との握手を拒否したんじゃないでしょうか。

イスラーム教の経典であるコーランには姦淫の禁止が明示されています。

私通(の危険)に近付いてはならない。
それは醜行である。憎むべき道である(17:32)

イスラム教ではコーランの教えが第一だとされていますが、その解釈は人によって様々。このバス運転手のように敬虔な信者であれば、女性との握手を拒否することも妥当だと思います。

ただ握手するだけでも、触れただけで突然その人が気になってしまうことってあるじゃないですか。この男性はそのようなことを危惧していたのでしょう。

もちろん握手から私通を連想しない方もいるので、このあたりは本当に本人(あるいは一族)の裁量です。なので握手の拒否は選択のひとつとして、受け入れるべきだと思います。

ここまで書いてしまうと

「いや、難民なんだから受け入れ先の社会に適合しろよ」

って批判はあると思います。

しかしながら、彼らが難民になったのは、彼らのせいなんでしょうか?

私にはそのようには思えません。

 

生まれた時代や土地なんて運ゲーだからです!!!!!!

たまたま平和(に見える)日本に生まれてそこそこの生活ができてるのは、単に運が良かったからなんですよ。それを自覚できてない人が多すぎなんじゃないかなー、と正直思います。

もし自分がシリアに生まれてみたら?もし自分がパレスチナに生まれてみたら?

自分が「殺されても当たり前」な存在だったかもしれないんですよ?

twitterとかで「電車の中で起こったイラっとすること」とか、あるある漫画で物議を醸すのもご自由に、とは思うのですが、もうちょっと大きな問題をテーマにしたマシな論争が起こらないと日本死ぬで?って思います。(だからこそ、色んな問題を知ってほしくてこのエントリーを書いています)

とりあえずバス運転手の握手拒否問題で言いたいことは必要なのは文化の強制じゃなくて共生なんじゃないか、ということです。

では、そもそもなぜ、オランダは寛容な移民政策をとってきたのでしょうか。

次の項ではその変遷を、日本での例を出しながらご紹介します。

オランダの移民政策の変遷

そもそもオランダの国土面積はとても小さく、日本の九州とほぼ同じです。労働人口を確保するため、1970年代からオランダは移民・難民をほぼ無条件で受け入れていました。オランダから「寛大さ」をイメージする方も多いと思うのですが、こうした移民受け入れ政策も背景にあったのでしょう。

かつて移民に対して寛容だったオランダですが、現状では反移民ムードが醸成されています。では、なぜこのような変化が起きたのでしょうか。要点は以下の2つです。

①移民二世の問題

オランダに永住権取得済み外国人の約半数は、1970年代後半から労働移民としてやってきた人たちと、その子孫です。この労働移民たちはもともと出稼ぎ目的でオランダに渡りました。祖国には職がないけどオランダには職がありますし、文明も発達しています。「けっこーここ、いいとこじゃん。せっかくだし家族も一緒に住みたいな」。

そんな感じで労働契約期間を更新→滞在期間を延長。その間に祖国の家族らを呼び寄せ、彼らだけの移民労働者のコミュニティを形成しました。

立っている西洋人のイラスト(女性)立っている西洋人のイラスト(女の子)立っている西洋人のイラスト(男性)立っている西洋人のイラスト(少年)

彼らの子孫、つまり労働移民2世・3世の人たちはオランダ生まれ・オランダ育ちでも、この移民労働者のコミュニティで育てられます。結果として親世代の生活スタイルを受け継いでしまうんですよね。そして「どのような生活スタイルを選ぶか」という問題と「どの言語を母語とするか」という問題は密接に関わっています。

母語習得には臨界期というものがあって、だいたい小学校に入る前の環境でその人にとってメインの言語である母語が決まるんです。

就学前の子どもが一番多く接するのは家族ですよね?基本的に、その家族が話す言語が母語になるんですよ。だから移民労働者コミュニティで育ったオランダの2世・3世が最もよく触れるのが外国語となってしまい、オランダ生まれだけどオランダ語が話せないという事態が生じるんです。

そして

オランダ生まれだけどオランダ語が話せない

勉強できない→就職無理→生活保護へ。犯罪に手を染めることも

といった負の連鎖が生じてしまうんですよね…

 

これ、遠い国の話じゃなくて、日本でも直面している問題です。

ブラジルや中国、韓国。そのほか東南アジア諸国から日本に出稼ぎに来て、現時点でその2世が言語の壁にぶち当たるんです。

彼らの親世代は肉体労働でもある程度の賃金は貰えたのですが、今の日本はデフレでモノの価値が上がっているので、親世代と同程度の生活水準を引き継ぐことが難しいんですよ。

「まともな金が欲しいなら働けよ!!」って批判はごもっともなんですが、日本語を話せない人に日本で仕事するのってそもそも厳しいでしょう。

参考として、大阪府八尾市での外国人居住者の日本語能力に関するアンケートを提示したいと思います。

 

f:id:lyrisist-lily:20170315090804p:plain

「日本語に不自由がない」と言い切れるのはわずか1割。残りは何かしら日本語に対して不能感があるようです。八尾市の人口あたりの外国人居住者は2013年の時点で2.43%なので、中学や高校の同級生に2人くらい外国にルーツを持つ子がいる、というイメージでしょう。そしてそのうちの1人は高確率で”日本語ができない”

もちろん日本語学校や個人教授で日本語を学ぶこともできますが、それには時間とお金が必要ですよね。義務教育で日本語教育も行う機関として夜間中学と言われる公立中学校夜間学級があるのですが、夜間中学が設置されている都道府県は全国8都府県に31校だけ

北海道、東北、北関東に加え、四国や九州には、自主夜間中学はあっても、夜間中学校は1校もないのが現状です。

このように、日本に住んでいる外国人でも、日本語が不自由で十分なフォローが受けれられない状況です。オランダでも似たようなことが起こっているのだと思います。

今回のオランダ選挙戦、遠い海の話ではないんですよ。

②外国人による犯罪率上昇

日本でもよくあると思うのですが、オランダでも外国人による犯罪率って差別的感情をめちゃくちゃ煽るんですよね。

オランダ警察の公開捜査番組で公開された防犯カメラに映った犯人(と思しき人物)の容貌が「外国人」だと、95%のオランダ人は考えているようです。この事実は、外国人=犯罪者という図式を植えつけ、差別を助長しているんですね。

外国人ってやはり全人口からすると少数派なので、彼等と接触する機会が少ないんですよ。だからこそ、こうしたステレオタイプが一度出来上がってしまうと修正するのが難しくなるんです。先ほどご紹介した大阪府八尾市の外国人による犯罪率は全体の1.977%。人口比率からしたら、この数字は別に多い訳じゃなくて、むしろ少ないはずなんです。

しかしながら外国人が犯罪を起こしたら物珍しさから記憶に残りやすく、外国人は犯罪に走りがち、なんて事実に反した考えを作ってしまうんですよね。

 

おわりに

繰り返しになりますが、今回のオランダ選挙賎はポピュリズムがヨーロッパで浸透するかどうかの試金石となります。そしてその背景にある移民問題は、日本にとっても遠い国の話じゃないんです。

そのことについて、気づいていただければ幸いです。

参考

八尾市の外国人市民の現状http://www.city.yao.osaka.jp/cmsfiles/contents/0000025/25087/Chapter2.pdf

大阪府の外国人比率番付 - 都道府県・市区町村ランキング【日本・地域番付】

視点・論点 「外国人の日本語教育を考える」 | 視点・論点 | NHK 解説委員室 | 解説アーカイブス

 

今後考えられるアクション

また以下のサイトでは全国の日本語教育ボランティア団体を紹介しています。

外国人受け入れ問題や日本語教育に関心を持っていただけたら、ご協力いただければと思います。

全国のボランティア日本語教室(Volunteer Japanese-Language Classes)

 

自分は時間がなくて指導はできないけど、何かしら支援したい!という方は

国際日本語普及センターに募金するのがいいかな、と思います。法人での募金も可能なようです。

賛助会員・寄付募集|AJALT [日本語教育/教師育成/教材開発]

 

また中東関係の難民問題やイスラム教・イスラム文化に関する考察は書きたいので、もし「これを知りたい!」というものがあればコメントいただければと思います。

 

それでは、ごきげんよう