読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魔法使いに向いてる

円熟と技術と才能に溢れたブログです。

悩み事リスト

ちょっと困っていることを挙げてみる。今度更新するときには改善できたら嬉しい。

 

・肩こりがひどい

→研究室訪問のため、この土日で深夜バスで東京・大阪間を行き来したのが原因。やはり携帯枕は必要。たまに使うタイプの日用品(携帯枕)を買うのを後回しにしがち。

→携帯枕を買う。今後は困ったことを道具で解決できるときは即決で買うようにする。こういうのはたいていアマゾンが安い(ランニングウェアとかね)

→そもそもこの往復がよくなかったかもしれない…深夜バスを連日使うのはやめといた方がいいみたいだ。今度からは深夜バスと昼行バスの組み合わせをしたい

ふわってぃ(TM) ポケットに携帯できる トラベル用クッション枕 ハンカチくらいの大きさにたためる 旅行用、電車・バス・車中泊なども快適 ポケットまくら (紺)

・朝起きれない

→夜眠れない、朝が寒い、

→23:00以降はデバイスを見ない。心配事は文章に。お酒を飲むと胸やけと胃液逆流が必須なのでやめる(たとえ寒かったとしても)。朝目覚める時に適温になるようにエアコンを設定する。ビタミンB、Cは毎日摂取。

 

・忘れ物が多い

→ファイルやプリントの整理が滞っていた。毎授業、きちんとファイリングをする

→授業直前にレジュメを作成する癖がついてしまっている。タスクの洗い出しと優先順位づけができていなかった。そもそも、困ったことがある時だとかメモする必要がある時にだけノートを開くのはよくない…タイムマネジメントも兼ねて、自分用の日報を作ろう

 

・修辞学関係の論文を読むのに時間がかかる

→筆者独特の語彙にひっかかりがち。背景知識の薄さもある。

→現在読んでいる論文とは少し関係が薄いが、自然言語関係の分野に関心がある。自然言語処理学会の論文を読んでみると、論旨つかめる(≒細かいことはよくわからない)。なので、修辞学関連の書き手の単語の癖にひっかかって論理関係がうまくつかめないのは、修辞学論文に特有の問題なのかもしれない。

→大学院への興味が出てきているので、自然言語で何ができるのか、自分がどのように貢献できそうなのかを知りたい。将来大学院に進むのなら、少なくとも4年生の今頃には一日あたり二本ぐらいのスピードで論文を読めるようになりたい。

→明日には自然言語関係の書籍が届くので、明日、明後日じゅうに大学院に関する意思決定を行いたい。

→どちらにしても、修辞学関係の論文を読むスピードも上げる必要がある。明日、一度先輩に相談してみる。