読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魔法使いに向いてる

円熟と技術と才能に溢れたブログです。

普通の女子大生がアイドルに一ヶ月混ざってみるとこうなる

日記 社会

こんばんは。ちょっと前に下の記事を読みました。普通の女子大生がミスコンに応募して、一ヶ月の広報活動を振り返っている記事です。「自分磨きって大切!考える力がついた!支えてくれた人に感謝!」って内容です。

ayaka-m-y.hatenablog.com

 

ミスコンに応募できる位の美人だって自意識がありながら、そんな自分を「普通の女子大生」って呼んじゃうひと、なんですね。ふふ。

バイト先が地下アイドルばっかだった

バイトで応募したら地下アイドルと一緒の現場だった、という話をします。

私も正真正銘の普通の女子大生で、たまたま応募したアルバイト先がアイドルばっかの所だったんですよね。モデルとか声優をしながらバイトしてる人もいます。

バイトを始めてから一ヶ月くらい経ち、一ヶ月間、普通の女子大生がアイドルに混じってみたらこうなった、というのを書いていきます。

 

 

アイドルファンの一言でコンプレックスに火がつく

アイドルの同僚として働いて、1番キツかったのがファンからの駄目出しでした。

21年間生きてきて、これまで自分のビジュアルに些細な不満を覚えることはありました。顔が丸いとか肩が張ってるとか。しかしながら、同僚のアイドルファンの方からブス呼ばわりされ、これにはちょっと驚きました。

アイドルはビジュアルも売り物なのでケチをつけるのはまだわかります。でもそのモノサシで世の中を測るのは絶対に間違ってますよ……

 

地下アイドルってフリーターじゃん

それとアイドル自身の話。アイドルってダンスレッスンやボイトレで時間を取られて大変そうでした。しかもそういった授業料がお給料から天引きって話も…

あと枕営業とかあるの?とゲスな関心を持っていたのですが、そこまでは確認できず。

枕営業とまではいかなくても、コスプレして接待はやってましたね。というか接待費を自社で賄いたい経営者がアイドルという幻想で普通の女の子とファンを釣ってる感じでした。

一番儲かるのは胴元なんですよね。

ビジュアルを気にするようになる

まあ悪態ついてもしょうがありません。

ブス呼ばわりはとにかく許せなかったので、美容関係の本を読んで勉強しました。

美肌、姿勢、髪型、ファッション。10冊くらい読んだのかも。このブログで紹介してるコスメは色々勉強した、いわば結果報告です。

私はメイク初心者の頃は駅前の有料パウダールームとかで美容雑誌を見ながらお化粧してました。ハーブティーで寛ぎながら最新のコスメや美容機器を試せるのでオススメです。30分で300円とかだったかも。

 

営業スキルが身につく

それと、アイドルと一緒に働いてよかったのは、営業力がついたことでしょうか。

アルバイト先でお客さんがいない時にはキャッチをしていました。

その時に良い印象を残すための発声だとかコピーライティングも勉強しました。これはまた別記事にまとめてます。

 

たくさんの人と接するうちに、

世の中にはキラキラした女の子は苦手って人も結構いることを知りました。これぞダイバーシティ。人の世は大海原ですね。

 

飲み会とかでぽつん、と離れ小島になってしまうタイプというか…私はそういった人と楽しくしゃべるスキルを獲得しました。会話術とまではいきませんが、

 

⚫些細な悩み事を相談する(段ボールをしまう場所がない、とか)

・あんまり言語化されてないあるあるを披露する(デイリーポータルZにありそうな話題)

・「好きな食べ物」「よく聴く音楽」の話は割と誰でも楽しく話せる

・「小学生の頃、自由研究で何やりました?」とか小さい頃の話も盛り上がる

 

などなど、実践していました。

結果として

アイドルのお仕事って出来高がすぐわかるので、成果が出るように勉強できてよかったです。

モノトーンばかりだった私服もアクセントカラーを交えるようになり、「表情が明るくなったね」とか「肌が綺麗になったね」と友達にも言ってもらえるようになりました。

アイドルと仕事をしてみて、始めのうちはキラキラしている彼女たちを疎ましく思ってました。

でもそんなこと考えても仕方ないですよね。

自分は自分を最大限に生かしてあげられればと思います。コンテンツを磨くのだ。

 

さてさて今日もお勉強。