魔法使いに向いてる

「終わらない日常」 を超える処方箋

髪をばっさり切った話――椎名林檎の個性

これまで私は明るい雰囲気を出そうと茶髪にしていました。しかし、ふと思い立って茶髪のメリット・デメリットを書き出してみたところ、デメリットの方が多いことに気づきました。

 

f:id:lyrisist-lily:20150901213427j:plain

自分の髪や肌と向き合うようになってから、黒髪のショートかロングが自分にとっての最適なスタイルだと気づきました。

自分の髪質を書き出してみます。

  • 直毛で艶は出やすい→黒髪のほうが艶が目立つ
  • 毛先が乾燥しやすい→茶髪だと毛先が傷む
  • 頭皮は油脂が多い
  • うねる→うねらないほど短くするか、長くして重みを出すといい(ロングかショートかの二択)

以上の分析結果から、自分の髪質のことを考えて、黒髪のショートヘアにしました。すると、「髪の艶がきれいだね」「似合ってるね」と褒められるようになりました。茶髪にしていた時と比べて手入れもしやすくて、ものすごく気に入っています。

 

私は椎名林檎が好きなのですが、彼女のインタビュー集である『音楽家のカルテ』で自分のことを「パクチーみたい」と語っていました。

個性の塊のような椎名林檎ですが、彼女は自分の特性を見定めて、自分を一番よく魅せる方法をずっと探ってきたように思えます。

声質にクセがあって、歌える曲の幅は狭くても、その中で自分を最大限に生かす彼女。自分の特質をきちんと見極めて、生かしていけたら素敵ですよね。

 

音楽家のカルテ (Switch library)

音楽家のカルテ (Switch library)