村上春樹『1973年のピンボール』:「それだけのことだ」で世界は回る

今週のお題「読書の夏」 何もかもが同じことの繰り返しに過ぎない、そんな気がした。限りのないデジャ・ヴュ、繰り返すたびに悪くなっていく。 村上春樹『1973年のピンボール』 (以下の引用文はすべて同じ著作による) 季節ごとに読み返したくなる小説がある。本を読み返すと、はじめて読んだ時には気にならなかった細部…