魔法使いに向いてる

「毎日を少し良くする」ためのお手伝い

誕生日

f:id:lyrisist-lily:20170622002116j:plain

夏至の日、23歳になりました。
ケーキのろうそくを吹き消した後、
「この香り焦げた甘い匂い好き」と言ってじゃれ合った、素敵な1日でした。

色んな方からお祝いの言葉をいただき、
本当に心から幸せだと言える1日でした。

去年の今頃は自分のことばかり考えていて、塞ぎ込んでしまっていましたが
今は人のために頑張る自分がいて、とても嬉しいです。



部長から「君は自分の手の届くことをやろうとするね。もっと色んな物を見た方が予想外のことが起きて楽しいよ」と言われて、なんだかとても納得しています。

来年は、もっと遠いところでワクワクしていたいと思います。

カモミールティー

f:id:lyrisist-lily:20170613203348j:plain

夜更けにはカモミールティーを飲むようにしている。

私は夜の0:00まで仕事や勉強をするから、
そこから気持ちを切り替えてリラックスモードにするのが結構大切だ。

それで何がリラックスにいいか、と考えてみた。
入浴、ストレッチ、アロマあたりはどうだろう?

でもなかなか全部一気には日常に取り入れられないから今週中はアロマを攻めてみようと思う。

第1弾はカモミールティー。
カモミールは甘い香りがして、春に小さな花を咲かせる。
おばあちゃんの家にたくさん生えていて、春になったら庭先でよく花を摘んだ。

乾燥させたハーブティーも、甘やかな香りがして気分が落ち着く。

勉強中にカモミールティーを飲んでみて「こういうことが大事なんだ」となんとなく思った。

最近、自分に対してあまり寛容でなかった気がする。
自分に求めるハードルが高くなってしまって、すごく息苦しくなっていた…少なくとも、自分でお茶をいれて楽しむ余裕はなかった。

ケーキはただの糖分補給。飲み物はその副産物だった。

でも自分でいれるハーブティーは、完全に自分の時間を楽しむためのものだった。

自分を大切にできている、という実感は
案外、1杯のお茶でも得られるようだ。

好きな人にファンレターを送った

おはようございます。

最近は一日の締めくくり方を忘れていてしまって、夜中にすごくつらくなります。抗不安剤を飲まなければ脳内が「無理無理無理」ってなるし、飲んだら飲んだで精神が落ち着きすぎて、時間が無限に流れていってしまう状況です。


好きな人にファンレターを送った

現在私は大学4年生なのですが、やはりメンタル的な脆さがあり、将来働くことに対しても凄く不安でした。

そして大学のカリキュラムがあまりにもよろしくない。

私は浪人生の頃、研究者としてやっていくぞーと思って勉強していましたが入学後は自分がやりたい分野のことはできず、なぜか週に5コマもアラビア語の勉強をしていました。

そんなこともあり、率直にいえば大学2年生くらいから純粋に学術に対する意識が低下していました。

学問よりも実学を、って感じで意識が変わっていったんですね。

そんな中、ネットサーフィンをしていて出会ったのがはてなブログあり、「名もなきライターのブログ」でした。

(今は「かずinc.」と名称が変わっています)

私が見始めた頃、「名もなきライターのブログ」はクラウドワークスとランサーズを使って毎日物凄い勢いで稼いでいるブログでした。


「名もなきライターのブログ」の筆者の「なもさん」(通称)は統合失調症という、私よりもずっとしんどいものを抱えていらっしゃいます。

しかしブログで前のめりでライティングの仕事をしまくっている姿を見て「ああ私もなんだか生き延びれそう」という、ちょっとした安心感を得ることができました。

 

学生でも成果報酬型の仕事をするといい

私自身、学生ではありますが今でもクラウドワークスやランサーズを使ってお小遣い稼ぎをしています。

なもさんが書いているテクニックを使って、酵素ドリンクの体験談を書いたり脱毛サロンに行ったりSNSを運営したりしていました。今も旅ライターとしてWEBメディアで執筆をしています。

私自身は大学生の段階でクラウドワークスやランサーズをやっていて、本当によかったと思っています。

成果報酬型の仕事は労働の本当の対価が見えやすい

例えばアルバイトとして飲食店のホールで働いていたら、自分の時給が「何に対する対価か」ってわかりにくいですよね。

お客さんが料金として支払うのは料理の原料はもちろん、設備代やテナント代なんかも含まれるわけで。

ホールスタッフとして、単に出来上がった料理を持っていくことの対価って、なんだか掴みにくいんですよ。

自分が何かを作ったわけでもなくて、ただ持っていくだけ。ニコニコしながら料理を持っていってもぶっきらぼうに持っていっても時給は変わりませんしね。

日本はチップ制じゃありませんから。

その点、アウトソーシングのような成果報酬型のお仕事だと、自分の仕事の価値がそのまま報酬に反映される。

それこそ、誰にでも作れる記事であれば1文字0.2円のものもあります。

しかしテクニカルな内容のものなら1文字5円くらいのものもあったり、体験談を書く場合は画像も提供できるかも料金決定の要因になってくる

掲載媒体の大きさで値段も変わってくる感覚もわかってきて、ちょっとだけ世の中の仕組みが見えやすくなるような気がしました。

ビジネス感覚を身に着けよう

私が新卒として就職活動をしていて、自分が優秀とされていることに驚きました。

私、冒頭で書いたように不安障害や睡眠障害がありますし

挨拶もロクにできません。スケジュール管理だってよくミスります。

ですが、「自分で仕事を取りに行く」「売れるように商品をPRする」ということはたくさん実践していたからか、なんだか就活ではちやほやされました。


新卒の面接は自分のことを「御社に貢献できる人材ですよ~」ってあらゆる角度からアピールすればいいだけですし、

そのために希少性のあるものや自分の功績のなかで付加価値の高いものを「学生時代に頑張ったこと」として伝えればいい訳で。

なんだか新卒の面接って「御社に貢献できますよアピール」の場であり、そういうゲームのような気がします。


あ、ちなみに留学は効果測定が難しいので、目標が明確に設定されているタイプの長期インターはアピールしやすいなーって思いました。

面接でウケがいいなーって思った取り組みについては下記に少し詳しく書いておきました。

もしこの記事を読んでるのが大学生の方だったら、ぜひ参考にしていただきたいです。

 

lyrisist-lily.hatenablog.com

あ、ちなみに「なもさん」は「ちきりん」をリスペクトされているようですが、

ぶっちゃけ私はちきりん苦手です…笑

だって彼女、「自分のアタマで考えよう」って言っておいてフレームワークを提示するだけじゃないですか…

フレームワークを使うってのは便利なんですけど、そこから抜け落ちるものがあまりにも多すぎるように思います。

ちきりんブログは、なんかフレームワークというより個人芸のような気がしています。伝えてることと実践して評価をもらってることに乖離があるかなー、という風に思ってます。

送る気持ち

まぁそんな訳で「名もなきライター」さんのブログにはとてもお世話になっています。

一方的に楽しませてもらっているのも悪いので、何か恩返ししようと欲しい物リスト」からプレゼントを贈らせていただきました。

なもさんにはいい感じのシャンプーをお送りしました。喜んでいただけたようで、よかったです。

とにかく私は「名もなきライター」さんのお陰で自信がついたし、心から感謝している、ということをこの記事では書いておきたいと思います。

 

この記事を読んで「ちょっとクラウドワークスやってみるか」って思っていただければ幸いです。

 

 

 

「プロ女子大生」という既得権益を貪るゾンビ

こんにちは。

お陰様で最近忙しく、楽しく、最高な日々を送っています。

 

「忙しさ」の中身は学生団体と合同イベントを企画・運営がメインです。

ビジネスではなく学生が有志でやっているイベントをお手伝いしているので、無責任さやノウハウ不足、ビジネス感覚や常識の無さといった、それはそれは独特の煩わしさが出てきています。大変です。でも私が目指す「優秀さ」のために、必要なトレーニングだと思って毎日頑張っています。

優れたビジネスパーソン、優れた研究者になるために

自分で企画を立ち上げ、仕事のプロセスを明確に、メンバーと快適な関係を保つトレーニングを積んでいます。

人が二人以上集まったら自分の思い通りにはならない箇所は必ず出てきます。人間相手に起こっている出来事の、本当にコアの部分は相手が学生団体でも企業でも同じような気がします。

そして何か大きいことをしようと思うのなら、絶対に一人じゃ無理だと思っています。なので相手の人格、尊厳を否定しないように最大限に配慮しながら

事実および課題を指摘し、考えられる解決策を可能な限り提示するという行為を無限ループのようにやっています。

これが思っていたよりもすごく大変で、自分でもなんでこんなにも徳を積んでいるんだと不思議に思うことがあります。

優秀な人と仕事をする中で、無力感はやはりあり、それでも現在のペースを落としたら二度と戻れないような世界にいるような感じがして、とにかく優秀な人に食らいついています。そしておそらくこの感覚は間違っていなくて、なるほど社会とはそのようなものなのだ、とどこかで理解している日々です。

まぁそんな感じで毎日楽しく過ごしています。

f:id:lyrisist-lily:20170323233227j:plain

プロ女子大生とはなにか

近況報告が長くなってしまいました。当ブログの一見さん、申し訳ない。とりあえず執筆者はそんな感じ女子大生ってことが伝わればいいです。

本題に移りましょう。

インターネット界隈で有名なヨッピーさんの記事を読み、「プロ女子大生」なるものの存在を知りました。

 

おっさんという人間は“女子大生”に弱いわけですが、同じく“起業家”みたいなブランドに弱い女子大生もたくさんいるので、そこはバランス取れてて良いのかな、と思う反面、女子大生側には結構な落とし穴が待ってるのでその辺について話します。

ちなみにこういう、起業家にくっついてる女子大生のことを「プロ女子大生」と名付けたいと思います。

いま適当につけた名前ですが、マジでこういう感じでおっさんから「女の子紹介してよ」とか言われて同じく女子大生の友達連れて合コンをセッティングしたり、「飲み会に顔出してよ」とか言われて足繁く顔を出してタクシー代貰って帰るような“プロ”の女子大生っているんですよねこれが。

 

ren-ai.jp

この記事の長い前置きは、私が「プロ女子大生」について語るための序章のようなものです。そう、いるんですよ。私の身の回りにも…「プロ女子大生」が!!

 

「プロ女子大生」と「パパ活女子」のニーズ層

ヨッピーさんは「プロ女子大生」を求める年齢層をおそらく30代ぐらいで定義しているので、トイアンナさんのいう「パパ活女子」を求める年齢層とはちょっと違うと思います。

前者の「プロ女子大生」を求めるメンズはただ無責任に遊びたい、金の力でドヤ顔したい人たちです。シードルとかバカルディとか好きそう。30代に差しかかるあたりでしょうか。

後者の「パパ活女子」を求めるメンズは教育目的というか、若くて知的な女の子に良いものを知ってもらいたいという感じ。たぶんスコッチ好き。バーボンソーダを子供の飲み物とか言いそう。50代に差し掛かると、どうやら男性は女の子を教育したくなるようです。

「プロ女子大生」「パパ活女子」はいずれ死ぬ

別に端から見ている分に「プロ女子大生」や「パパ活女子」の人生が破滅しようがどうしようが問題はないのですが、こういった女子(やっぱり女子大生が多い気がする)が自分の能力を過信しすぎている、というのが問題なんです。

そしてその勘違いを同年代の周囲の人間にまき散らし、さんざん疲弊させるというのが問題。

ヨッピーさんの記事にもありましたが、やり手のビジネスマンにくっついて美味しい思いをしてしまった女子大生は、自分がその力を手に入れていると勘違いしてしまうんです。

レベル30の勇者にくっついて敵を倒してもらっている、経験値のある勇者に教えてもらっていいセーブポイントを知っいる。ただそれだけなのに、彼女たちはそれが自分の力だと思い込んでしまうんですね。

しかしながら、「プロ女子大生」「パパ活女子」を求めるメンズは彼女たちの人生に興味がない。ただ「完璧なオレごっこ」をしたいだけなんです。

だから時が来れば彼らは突然姿を消し、女子大生は路頭に迷うことになります。

それでも彼女達は自分の力を信じて疑わず、周りを巻き込んで企画を立てパーティーを開こうとします。

しかし同年代にとって彼女の若さは通用しません。

私からすれば、彼女たちは「ただの経験値の浅い勘違い野郎」でしかなく、「何言ってんだコイツ」といった発言を繰り返します。

私が汗水流してバイトをし、奥歯を噛みしめながらインターンで叱責され

死んだような目で語学を勉強し、言語学を学び、少しだけ楽しみながら短歌を読んでいる時に、彼女はただただ髪型をキメて淡い色のワンピースで食事に行っていただけなのですから…

既得権益をむさぼるゾンビ

「若さ」というのは誰もが持って居る既得権益です。

しかしそれは必ず目減りする。

この事実をわきまえず、手を引くことができなかった女子大生は死を見ます。

事例研究として、インターン先で知り合った女性のことを紹介し、記事を締めくくりたいと思います。

彼女はすごく綺麗で「デキそう」な雰囲気が漂っています。でも彼女は(こう言ったら申し訳ないですが)うだつの上がらない中小企業の事務員です。椎名林檎じゃないですけど「19万も持ってない」とのことでした。

なんでこんな会社にいるのか、他の社員から聞いたことがあります。

その人によると、その「デキそうな」女性は就職活動中に人事を自称するオジサンから「君は採用するよ」と言われたのを鵜呑みにし、就活を一切しなかったようです。

でもそんな言葉は出鱈目で、たぶん酔った勢いで言っただけなのでしょう。

そんなことも思いもせず、その女性は言い寄って来た男性が所属している(と自称していた)会社の選考を受けるも爆死。以後一切のやる気をなくし、適当な会社に就職したという話でした。

彼女の耳にくっきり残ったピアス穴が思い出されます。

言いたいこと

この記事で言いたい事は、女子大生は自分が既得権益で儲かってるだけなんだって自覚して欲しい、ということです。

そして「若さ」という既得権益は目減りします。

 

大事なのは、自分で一から何かを始め、やり遂げること。

向上心を持って、プロの技を盗むこと。

リマインダーや励ましをくれる協働者を確保すること。

 

そういった所に落ち着くように感じます。

 

はじめにも書きましたが、私は一緒にイベントを企画して運営するメンバーの統括にとても苦労しています。

そして苦労の中身は、上記のようなことをやっていない大学生が多すぎることに由来しているように思うんです。

このエントリーの80%は私怨と疲労でできており、読後感があまり良くないかもしれません。

それでも「キラキラ女子大生」という幻想から覚めない若者に、

「お前それ、時間が経つと魔法じゃなくて呪いになるぞ」と言っておきたい。

 

それでは、ごきげんよう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【ネタバレ】「から紅の恋歌(ラブレター)」の和歌のまとめ+解説

こんばんは~

ついにコナン映画「から紅の恋歌(ラブレター)」を観てきました。

f:id:lyrisist-lily:20170424051743p:plain

ので作中に登場した和歌と、それに関連して若干の解説をしようと思います。

 

 

続きを読む

黒瀬珂瀾 『蓮喰ひ人の日記』を読む

こんにちは。

突然ですが、ブログって好きですか?

これを読んでるくらいですから、きっとお好きですよね。私もブログは読むのも書くのも好きです。

自分の知らない世界を、誰かの絵や言葉で追体験できるのが、たまらなく好きです。

 

そういえばブログのテーマとして、育児や旅行って人気ですよね。

私もよく読んじゃいます。やっぱりそこに、自分が知らない世界があるからなのでしょうか。

 

今日は短歌で育児や旅行を追体験、してみませんか?

 

続きを読む

私のエジプト旅行記

トリビアの泉でやってましたが、スフィンクスの目線の先にはケンタッキー・フライド・チキンがあります。そしてその2階はピザハットです。

写真はそのピザハットから。

 

続きを読む