読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魔法使いに向いてる

円熟と技術と才能に溢れたブログです。

【追記あり】どろみずの泥と水とを選りわけるすきま まばゆい いのち 治癒 ゆめ(笹井宏之)

短歌における批評力を高めたい。そう思ってこのエントリーを書く。

せっかくの趣味なのだから、スキルアップしないとつまらない。

手始めに、稀風社の『誰にもわからない短歌入門』で紹介されている短歌について、一首評を書いていきたいと思う。

『誰にもわからない短歌入門』とは?

『誰にもわからない短歌入門』は稀風三上晴海、鈴木ちはねによる一首評の集積だ。

kifusha.hatenablog.com

この本で面白いのは、二人の往復書簡の形式で一首評をしているところ。たったひとつの短歌テクストを対象としているのに、それぞれ読みに特色があって面白い。

読んでいて「自分は鈴木さんの考えに近いな」みたいに、考えるきっかけになるような文章だ。

ただ、この本で注意しておきたいのが、『誰にもわからない短歌入門』は「誰にもわからない短歌」へ入門するのではなく「誰にもわからない短歌入門」なのだ、ということ。「誰にもわからない」は「短歌」ではなくて「入門」にかかっている。

もしもこの本が短歌の入門書であれば、もっとオーソドックスな短歌を紹介・鑑賞すべきだと思う。しかしながら、この本はそもそも短歌に「入門」することを目的としていない感じがする。

掲載されている歌も、どちらかといえば短歌を「破門」するようなものが多い。

この本は秀歌を体系的に学習することには全く重きを置いていないので、そのあたりを勘案して読み進めていきたい。しかしながら読み物としては面白いと思うし、掲載されている歌もユニークなものが多い。

ちなみに、短歌の入門書では岡井隆さんの『今はじめる人のための短歌入門』が一番よかった。

 どろみずの泥と水とを選りわけるすきま まばゆい いのち 治療 ゆめ(笹井宏之)

(正しくは「治癒」ですが、私は「治療」だと思い込んで、以下の論を進めています…)

では、一首評に移ろう。

これは『今はじめる人のための短歌入門』にも書いてあることだけど、短歌の初句に柔らかい単語を持ってきて読者がすんなり入れるようにする、というのが技巧(と言うほどでもないけど)、あるいはセオリーの一つだ。

その点で初句「どろみず」をひらがな表記にしているのはうまいなぁ、と思う。

それに「泥水」よりも「どろみず」の方がカオスで春っぽい感じ、なにかを産みだしそうなイメージがある。こういった語とイメージの関係は「共感覚」とでも言うのだろうか。

混然とした「どろみず」に泥が沈殿し、作中の「わたし」は「すきま」を発見する。その「すきま」を発見した「わたし」は次々と生を彷彿とさせる、有機的な語を連想していく。

 

後半の「すきま まばゆい いのち 治療 ゆめ」。これは一読して「しりとり」をしているだけに思えた。が、この認識は間違いだった。

「すきま まばゆい いのち 治療」まで来て、その次が「ゆめ」なのだ。

「治療」の次に、本来しりとり的には繋がらないはずの「ゆめ」が来ていることに注目したい。

「いのち」にまつわる「まばゆい」生のイメージは「治療」と一体化していて、「ゆめ」との間に残酷なほどの断絶があるように読めた。

 

治療と一体化している「いのち」と「ゆめ」。

その間に断絶がるものの、作中の「わたし」にとって、その二語は繋げなければならなかったのだろう。

後だしじゃんけんのようだけど、作者である笹井宏之さんは2009年に若くして亡くなっている。作者と作品を結び付けるのは野暮だとは思うが、それでもこの作者だからこそ、このような作品ができたのではないか、と思わずにはいられない。

笹井さんの代表歌には、ほかにこんなものがある。掲載歌と同様、語の美しい連鎖がそこにある。

 

 と、ここまで書いていたのだけれど、『誰短』の三上さんから「治療」ではなくて「治癒」ですよ、とのご指摘をいただきました(´・ω・`)

ご・・・誤謬・・・・・・。

今後はエントリーをアップする際、引用歌を再確認させていただきます。本当に申し訳ありません。

とはいえ、これは暴論なのですが、個人的に「治癒」よりも「治療」の方が断絶と飛躍があって好きです。これ、誰かに怒られたい・・・逮捕だ逮捕。

私は恣意的に読んでしまう傾向にあるので、テクストに沿って評が書けるよう、気を引き締めていきたいと思います。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

大学生のあなた(特にコミュ障)が生き抜く武器を渡そうか

今日、ほとんどの国公立大学の前期日程の結果が開示されましたね。私の所属する大阪大学豊中キャンパスを歩いていても、ちらほら新入生が歩いているのを見かけました。

まず新入生に注意していただきたいのは、不動産会社のキャッチに捕まらないことです…

にこにこ近寄ってくる大学生がいたら、だいたいアパマンショップ・ミニミニ・エイブルの短期アルバイトなので適当にあしらってください。奴らはインセンティブが欲しいだけのクソ野郎です。不動産は仲介手数料とかが安い生協が一番いいですよ…


…いきなり話題がずれてしまいましたが、

春から大学生の方、おめでとうございます。

大学生活は色んなことができて、楽しいですよ。
自由に伴う責任もありますが、「まだ学生だから」と大目に見てもらえます。

少なくとも、自分で工夫すればめちゃくちゃ充実した毎日を送ることができます。

しかしながら、大学入学時って

「友達ができるか不安」
「学部に知り合いが一人もいない」
「みんな既にSNSで仲良くなってるみたいでこわい」

みたいな不安を抱く人も多いと思います。
…かくいう私はガチなコミュ障でした。

  • ガチでコミュ障だった私の自己紹介
  • 1まずは定期的に会う人をつくる
    • 興味・関心を明確に
    • 面白そうな人、団体が身近にないかググる
  •  
  • 定期的に同じ人と会うことのメリット
    • 理由1:自分の中の火を絶やさないようにする
    • 理由2:顔を覚えてもらう
  • 2グループに貢献する
  • 3酒を飲み過ぎない
  • まとめ
  • Twitterもやってます

ガチでコミュ障だった私の自己紹介

浪人時代はほとんど誰とも喋らず、中高6年でできた友人は出席番号が前後の人だけ。

大勢での会食は緊張で吐いてしまうほど不安性神経症でした。

こんな私でしたが、大学生活でどんどんチャレンジをしていた結果、コミュ障はほぼ克服できました*1


このエントリーでは、かつて深刻なコミュ障だった私が

「どうやって大学生活を生き抜くか(できれば有意義に)」を紹介します。

きっとお役に立てるはずです。

*1:少なくとも会食で気持ち悪くなることはなくなりましたし、初対面の人と気軽に話せるようになりました。

続きを読む

「駄目な奴」の脱出に知らないとまずいワーキングメモリの話

あなたは「あとでやろう」と思ってそのまま忘れてしまった経験はないだろうか。

かくいう私も、この手のミスを犯しまくり、なかなか人に信頼してもらえなかった経験がある。

しかしながら「ワーキングメモリ」に注目して日常生活を工夫した結果、公私ともども、満足のいく結果を得られることができた。

これは自慢話なのだけれど、

インターン先の成果発表会で「例年になく、素晴らしい発表だった」と社長に褒められてめちゃくちゃ嬉しかった。

ゼミの発表もうまくいき、今期のGPAは3.28。サークルの後輩には慕われ、恋人に愛でられている。

こうやって書くと、すごく怪しい情報教材を売る輩みたいだけど…どれも事実だ。

私は駄目な女子大生だったけど、色々工夫したら何とかなった。

このエントリーでは駄目な女子大生に過ぎなかった私が「仕事ができる奴」に成り上がるために工夫したtipsを紹介する。

  • ワーキングメモリとは何か
  • 脳トレじゃ仕事はできるようにならない
  • 「できる奴」になりたいならワーキングメモリの使用量を減らせ!
    • 【対策1】外部記憶補助を活用
    • 【対策2】パターン仮説を利用したインプット
    • 【対策3】 型を作る(どこに注意を向けるべきかを事前に決めておく)
  • まとめ 

 

続きを読む

やりたいことリスト(随時更新)

kindle unlimited で「やりたいことを書きまくれ!!書けば夢は叶う!!!」という趣旨の本を読んだ(本の題名は忘れた…)。

画像検索結果

そういえば「松岡修造」で検索するとこの画像が出てきた。

この手の自己啓発本って馬鹿馬鹿しいけど役に立つ。とりあえずアドバイスは聞いてみて、そこから使えそうなのをピックアップするのが吉だ。

 

4つのポイント

ということで、その本の内容で重要だと思ったのは次の4つ。

  • やりたいことを分類しない。とりあえず書くことが大事
  • 断定調で書く(「小説を書く」みたいに)
  • たまにリストを読み返し、願いが叶ったら日付を書く。これで感謝の気持ちもキープできる
  • 周りの人のことも書いてみる。「兄が元気になる」みたいな

「まずは30個書いてみよう」ということだったので、ひとまずリストアップしてみた。今のところ42個あります。

もしもこのエントリーを読んで「これ手伝ってもいいよ」「こんなお得情報があるよ」というのがあれば、ぜひともコメントをお願いします。

 

やりたいことリスト

  1. フルーツ屋さんでパフェを食べる
  2. ホテルのイチゴフェアに行く→2017/3/9 達成!

     

    lyrisist-lily.hatenablog.com

     

  3. カリモクのソファのある暮らしをする
  4. かわいい女の子とHARBSのケーキセットを食べる
  5. 「のえるぱん」(裏ミナミにあるフルーツバー)のお姉さんと仲良くなる
  6. 椎名林檎のライブに当たる
  7. DAOKOのライブに行く
  8. ceroのライブに行く
  9. 時給換算1000円以上のバイトにありつく
  10. サークルオリエンテーションで200人越えの来場者が来る
  11. サークルオリエンテーションで長期インターンの紹介をする
  12. 記者サークルの部員を確保
  13. 東映画祭を企画→6月ぐらいにやりたい!阪大の映画研究会と相談
  14. LINEスタンプを作る→いい感じで進んでます
  15. ハーフマラソンのタイムを2時間にする
  16. キックボクシングをやる
  17. マカオタワーでバンジージャンプ共犯者が見つかりました。卒業旅行で行きたい
  18. 美少女(二次元)が占いをしてくれるアプリをつくる→いい感じで進んでます
  19. 毎日おいしい野菜を食べる→2017/3/13達成。ネットスーパーはすごい。

  20. 生理前でも睡眠できる環境にする(ピルを飲んでみる?)
  21. Dカップになる
  22. 全身脱毛でつるつるに
  23. ビタミンCを毎日摂取。色白をキープ
  24. JR九州のスイーツ列車に乗る
  25. 青の交響曲」に乗って吉野へお花見
  26. 短歌研究評論賞を受賞
  27. 歌集の評論を月イチで書く
  28. チョムスキーの読書会を開く
  29. 言語処理学会で発表する
  30. 言語学好きな後輩を増やす
  31. 恋人が研究職につく、あるいは研究のできる環境に身を置く
  32. 公共性の高い仕事につく(フレックスだとなおよい)
  33. 家族への感謝を手紙で送る
  34. 家族の誕生日をきちんと祝う
  35. パレスチナへ取材に行く
  36. アラブ文学について書き物をする→「アーミナの縁結び」を翻訳して出版できたら最高
  37. アラブ映画祭を主催
  38. ブログをきっかけにお仕事を貰う
  39. 青二才さんの本、出版→ベストセラーに(本屋の「話題の一冊」みたいなコーナーに配列される)

     

    「筋トレを続けながら痩せていく企画」それ自体に運命めいたものを感じる。(中略)そして書き物の神様は俺に言ってるんだよね。 「痩せろ!!」 「筋トレしろ!!」 って。 俺はどっちかというとゲレンデが解けるほど恋がしたいんだけどさぁ…。

    俺には「書き物の神様」がついているんじゃないの?と思った話 - かくいう私も青二才でね

     

  40. このエントリーにコメントがつく!!!!

f:id:lyrisist-lily:20150901233354j:plain

最後のはあれですね、

漸層法

というレトリックです。徐々に語調が強くなるやつ。

「やりたいことリスト」は分類などをせず、とにかく書いていくので、割と本性が丸見えになるようです(笑)

しかしながら、リストを眺めるだけで楽しい…これは定期的に見返したくなりますね。

 

みなさんもぜひ、「やりたいことリスト」を作ってみてください。

とりあえず現場からは以上です(・ω・)ノ

スカイダイビングで圧倒的成長を遂げてきた話

f:id:lyrisist-lily:20170304225117p:plain

 

というクソみたいな展開で栃木の「藤岡スカイダイビングクラブ」まで行ってきた。

大阪から東京まで夜行バスに乗り、そこから東武日光線藤岡駅へ。

そこからタクシーで10分ほどのところに飛行場。飛行場というか、テントの無いキャンプ場のようなだだっ広い広場に到着。

なお藤岡スカイダイビングには送迎車があるそうだが、今回は乗らなかった。理由は忘れた。

当日は雨天が予想されたが、なんとかもってくれた。しかしながら曇天でも風が強いと中止となってしまうため、油断は禁物だ。

殺伐とした雰囲気の中、

ダンディなわんこがお出迎えしてくれた。

f:id:lyrisist-lily:20170304202028j:plain

「よっ新入り」とでも言ってきそうな雰囲気だ。

キャンピングカーのようなものに乗って注意事項を確認し、書類に記名する。用意されたボディースーツに着替え、フライトを待つこと1時間。

待っている間、プロの飛行士によるテスト飛行が行われていた。

安全対策はバッチリである。

f:id:lyrisist-lily:20170304202552j:plain

ちなみに私は当日一番早い時間帯にフライトしたのだが、私のグループの他に

ゼミ仲間っぽい男子大学生5人グループ、新卒3年目ぐらいの女子3人グループがいた。

2人1組で呼び出され、フライト用のヘリへ。私は友人達の先行フライトを見送り、2時間ほど待っていた。ついに自分の名前が呼ばれてヘリに乗り込む。

f:id:lyrisist-lily:20170304202021j:plain

水色が私だ。背中が緊張している…

 

f:id:lyrisist-lily:20170304203155j:plain

轟音の中、ヘリで飛び立つ。

なおフライトはプロの飛行士とマンツーマンで行うため、初心者でも心配は無用だ。

ちなみに私の担当者は「命知らずの野郎を紹介するぜ!ヒャッハー!!」という感じの、

なんというかレッドブルとかのCMに出てきそうな外国人だったが、それはそれで安心した。

どんどん高度が上がり、窓の外は真っ白に。

3~5分ほど飛行したところで飛行士とアツい握手を交わし、レッツダイビング。

扉が開けて「3・・・2・・1・・」の合図で真っ白な世界へ降下。当日は曇天ということもあり、本当に雲の中を飛行していた。

エビ反りの状態で雲と雲の間を自由落下。

自由落下の感覚はジェットコースターで落下する感覚と近く、浮遊感と向かい風のぎゅんぎゅんがすごかった。なんかよくわからんけど涙が出た。

1分ほど経過すると、同行の飛行士がパラシュートをパッと開いてくれた。その手つきがいかにも鮮やかだ。

f:id:lyrisist-lily:20170304203201j:plain

ようやく雲を抜け、地表を確認できた。

空から見た地表はどこまでも平野が続いていた。

私は誰かが切り開いた道が曲がりくねって、思いがけず繋がっているのをものすごい風を受けながら見ていた。

ふいに

すごい雨とすごい風だよ 魂は口にくわえてきみに追いつく

という平岡直子さんの短歌を思い出したりした。本当にすごい風で魂が後からついてくる感じがする。

こういう時に自作の短歌がぱっと作れたらいいのだが、なかなか余裕がない。

あと花岡周子さんの歌で似た感じのやつがあった気がしたけど、失念してしまった。

――パラシュートを開いて空中に滞在する時間はすごく長く感じられた。7分くらいいたんじゃないか。

飛行士の方が適度に方向を調節してくれて、雲に突っ込んだりできて楽しかった。

長いようで短い滞空を終え、ふわふわと地上に接近。

f:id:lyrisist-lily:20170304204656j:plain

 

ずざーっと着陸。

f:id:lyrisist-lily:20170304204659j:plain

「ブランコを漕ぐように」と教わった通り、踵から着地した。これもプロと一緒なので安心。

f:id:lyrisist-lily:20170304204703j:plain

フライトによって圧倒的成長を遂げたので、柄にもなくがっつり握手を交わしてしまった。

 

f:id:lyrisist-lily:20170304204710j:plain

そしてこの笑みである。楽しかった。

スカイダイビングで得た学び

一つわかったのは、スカイダイビングは髪がぼさぼさになるということだ。

フライト後、髪型を整えようと思って取り出したコームには髪が全然通らず驚いた。

空から降ってくる系の彼女達は本当にすごい。 

「toloveる ララ」の画像検索結果   「うる星やつら」の画像検索結果   

 

なんなんだ、あのキューティクル。本当におそろしい奴らだ。

ちなみに私はヤミちゃん派です。

 

スカイダイビングはこんな人にオススメ

とてもスカイダイビングは楽しかったので、一生に一度はやってみてもいいと思う。スカイダイビングは特にこんな人にオススメだ。

  • 物事を俯瞰する視野を獲得し、圧倒的成長を遂げたい
  • 日常にスリルが足りないと感じる
  • 卒業旅行に面白いことしたい

特に三番目の卒業旅行で面白いことしたい人にはオススメだ。

実際に卒業旅行っぽい男子大学生が5,6人集まっていて、楽しそうだった。

なお飛ぶときは彼らのグループがバラバラになっていたので、 グループで一緒に記念写真を撮りたい、という人は施設の人と相談しておくといい。

藤岡スカイダイビングではフライト料金が低めに抑えられている代わりに、写真撮影は別料金なのだ。くれぐれも注意しよう!

おわりに

ちなみに後輩から「先輩!!バンジー行きましょう!!!」と誘われたのだが 、あいにく説明会とかぶってしまい断念した。悲しい。

ちなみにマカオに「世界一高いバンジー」があるそうなので、 生きているうちに経験してみたい。このマカオタワーの上の膨らみからバンジーするらしい。

「マカオ バンジー」の画像検索結果

ギネス認定世界一!「マカオタワー」223mのバンジー体験 - エキサイトニュース

 

ちなみに今回行って来た藤岡スカイダイビングクラブはこちら。たしか料金は3万円くらいだったと思う。

www.skydivefujioka.jp

以上、少しでもお役に立てただろうか。私は割とこういったアウトドアやイベントも好きなので、もしレポート作成や体験取材のご要望があれば

lyrisist.lily*gmail.com(*を@にしてください)

までご一報いただきたい。

 

それでは、よい週末を。

「人間はベストよりベター、ベターよりもお気に入りを選ぶ」が色々間違えると死ぬ

 青二才さんの恋愛エントリーを読んでいたらこんな名言に出会った。

 

人間はベストよりベター、ベターよりお気に入りを選ぶ。

「正しい恋愛」に惑わされず、「楽しい」で繋がれる信頼関係を信じた方がいい。 - かくいう私も青二才でね

 

なるほど、と納得すると同時に「そもそもなんで人間って恋愛でベストを求めちゃうのか」案件が気になったので、お得意の言語学で分析してみた。

今回は認知言語学におけるカテゴリー化とステレオタイプの知見を引用したい。

 

カテゴリー化とは何か?

ではいってみよう。

「恋愛において、なぜ理想を追い求めてしまうのか?」を明らかにする前に、少々説明装置の準備をさせてほしい。

あなたは果物のリンゴを見て、その赤くてくぼみのある球体をリンゴだと判断し、

「これはリンゴだ」と言うことができる。

「林檎 フリー素材」の画像検索結果

この時、あなたは頭の中で目の前の物体と

過去の「リンゴとはこのようなものだ」という知識

を照らし合わせて、目前の赤い物を「リンゴだ」と判断している。

 

このように「○○とはこのようなものだ」といった、あるカテゴリーにおける典型例認知言語学では「プロトタイプ」と呼ぶ。

 

要するに何かを判断する時、過去の経験*1とかテレビで言ってることを引き合いにしちゃうよね~という話だ。

 

恋愛におけるプロトタイプとは何か

では、恋愛におけるプロトタイプとは何だろうか?

その前に、もう少しプロトタイプについて掘り下げていこう。

先ほど説明したように、プロトタイプは過去の経験やテレビなどのメディアによって形成される

あなたが「熟女」と聞いて真っ先に思い浮かべるのはどのような女性だろう?

おそらく90歳のおばあちゃんではなく、30~60歳くらいの肉付きのいい女性ではないだろうか。

どちらも熟年の女性である

という条件を満たしているのに、この差は一体何だろう。

(一応言っておくが、私は別におばあちゃん擁護者という訳ではない)

これもプロトタイプに基づいた推論として説明できる。

様々なメディアによって、熟年の女性の中でも、性的対象となる存在だけが「熟女」として商品化される。「これによって「熟女とはこのようなものだ」というプロトタイプが形成され、

あなたはそのような既成のプロトタイプに基づいて「熟女とはどのようなものか」推論を行ったのだ。

このように「性的対象の範囲となる」「許容できる容姿である」などのバイアスがかった典型例はステレオタイプと呼ばれる。これは社会学のメディア研究でよく使われる概念なので、覚えておいて損はないと思う。

関連画像

「人間はベストよりベター、ベターよりもお気に入りを選ぶ」が…

ここまで確認したように、私たちは物事を判断したり推測したりする時、いつも自分のアタマで考えている訳ではない。しかしながら、このこと自体は脳みそに負担をかけないする方策なので、別に悪いことではない。

それにはじめはステレオタイプに基づいた思考をしていても、経験によってそうした思考を修正することができるのが私たち人間だ。

――例えばもしもあなたが「女はみんな馬鹿」「堀北真希しか認めない」という考えを持っていたとしても、知的な女性、清純で誠実な女性と接する機会があれば

「あ、べつに物分かりのいい女の子もたくさんいるわ…堀北真希じゃない女の子もかわいいわ…」と気づいて思考を修正することができるのだ。

 

しかしながら、もしもそういった機会がなかったらどうなるだろうか…

この場合、ご存じのとおり結果は闇であって沼である。

堀北真希しか認めない頑なな野郎の出来上がりだ。

 

そしてこれと似たようなことが色恋沙汰にも起こっているのではないだろうか。

つまり、テレビなり漫画なりに触れているうちに

恋愛=イケメンと美女のキャッキャウフフ 

のようなステレオタイプを形成してしまい、その考えを修正できずにいるのだ。

 

このようにステレオタイプのせいで目の前の素敵な人を認めることができなくなっている、というのが恋愛沼における私の仮説だ。

特に恋愛経験は個人差が激しいため、そもそも経験が少ないと漫画やドラマによってステレオタイプに基づく思考を形成しやすい。

そして恋愛は多くの人にとってレアなイベントであるため、ステレオタイプを修正できずにバイアスがギュンギュンのままになってしまう事例が多い、ということだ。

 

以上、本来的に人間はベストよりベター、ベターよりもお気に入りを選ぶ存在であるが、ステレオタイプを修正しないと死ぬよ、という話でした。

まずは半径1m以内の人を褒めるところから、始めてみてはいかがだろうか。

 

参考文献

今回参考にした資料はこちら。

本エントリーでは触れられなかったカテゴリー理論の変遷(時代は古代ギリシアに遡る…)など、非常に興味深い知見を得られるのでぜひ。

 

認知言語学への招待 (シリーズ認知言語学入門 (第1巻))

認知言語学への招待 (シリーズ認知言語学入門 (第1巻))

 

 

 

こんな記事もあります

 もしよければ、オススメ本も紹介しているので見て行ってほしい。

 

lyrisist-lily.hatenablog.com

 

lyrisist-lily.hatenablog.com

以上となります。

それでは、ごきげんよう

 

 

 

*1:百科事典的知識

なぜAV女優はイクイクイクイクと連呼するのか――繰り返しによる認知効果

今週のお題「卒業」

 

あなたは高校を卒業した年齢を超えているだろうか。

そうでなければ、今すぐグーグルのトップページに戻ってほしい。

 

この記事は身近な題材で言語学を学んでもらおうという、

非常に健全で前向きな目的の下で書かれている。

 しかしながら考察対象がお色気のあれこれであるため、ひょっとするとうぶな心を穢してしまうかもしれない。

またこのエントリーではお色気のあれこれを客観的に考察しているため、ひょっとすると読後は純な気持ちでお色気動画を楽しめなくなるかもしれない。

 

…それでもいいと言うのなら

言語学徒の女子大生が優しく教えるので、安心してついてきて欲しい。

続きを読む